投資モヤモヤ生活日記

長~い初級投資歴をもとに、投資のモヤモヤを書くブログ

投資戦術ちょっと見直し。2単位買うぞ!

   

今までは多くの銘柄を1単位づつ、たとえば全固体電池関連銘柄にもなっているオハラ(5218)は単位株数が100株だから、オハラの株100株を買っていました。
でも過日利確して売り払ってしまいましたから、もう売れる株が手元にありません。しかもオハラの株価はその後も上がってしまっています。一方で、カカクコム(2371)は一旦大きく下げて最近持ち直しですが、買った100株にはまだまだ値が追いつきませんから売れません。

もし100株じゃなくて200株持っていたら・・・
と、最近思うようになり、これから戦術変更しようか!?と思いました。

たくさんの銘柄に1単位づつ投資して出た芽を刈り取る戦法と、投資銘柄をある程度少なくして複数単位買いそろえるのはどちらが賢いか?を考えてみましょう。

多銘柄を1単位株数づつたくさん持つ戦法
私の株資金に限度があるから1銘柄1単位が基本になるのは仕方のないことだと考えていました。そして買ったら上がるまで売らない。その間に下がるから長く持つことになってしまい、年間に売買するタイミングに事欠く状態です。さらに多銘柄扱っているとそれぞれの銘柄のクセが掴みにくいような気がします。株の教科書的にはポートフォリオとしてたくさんの株を持つことは良いハズなのですが・・・

複数銘柄取り揃え戦法
狙いを定めた銘柄は下げたらナンピンして食い下がることを予め織り込むことにします。きっと購入した半分ぐらいはナンピン買いが必要でしょう。
もし購入後上げたら1単位売るために、最初に2単位買う必要があるかもしれないです。その後にナンピンがあるでしょう。平均購入価格を上回ったら1単位づつ利確します。

このような複数銘柄取り揃え戦法に乗り換えようかと思いますが、そのためには一つの銘柄に最低でも2単位、たぶん3単位か4単位買わなければならないかもしれません。だから購入株の種類は3分の1になります。

他の人は既にこのようにしているのでしょうか?
私だけ今まで1単位づつべたーっといっぱい銘柄集めていたのでしょうか?

SponsoredLink

 - 株式投資について