投資モヤモヤ生活日記

長~い初級投資歴をもとに、投資のモヤモヤを書くブログ

株価噴き上がりを待つ作戦

   

ヤフーファイナンスの株式ランキングに「時価総額下位」というランク付けがあります。

時価総額が低い銘柄は、キッカケがあれば株価が噴き上がることがある。逆に見れば一時的に暴落することもある。こんなふうに考えて良さそうです。
Magic Dancing Waters

これを利用して噴き上がったところで売る、または一時的に暴落したタイミングで買う・・・がうまくできたら儲かるのだがと思い、試していますが未だうまく行きません。

今まで候補だった銘柄は・・・
ホープ(6195)
買った途端に大きく下げてしまい焦った株でしたが、その後首尾よくフワッと上げたので売り、約1万円の利確をしました。が、株価はその後に3万円の利確ができるところまで駆け上がりました。
この銘柄はマザーズ上場銘柄の中で25番目に時価総額が低い銘柄なので「上げたらただちに利確しないとすぐ下げるだろう」と予想して早期に売ってしまいましたが、後から思えば売りの時期尚早でした。
もっと「ガマンして持つ」を昨年の反省としていましたが、まだ反省ができていないみたい。

はてな(3930)
マザーズ上場銘柄の中で65番目に時価総額が低いとなっています。
まだこの銘柄は噴き上がりません。
期待に反して噴き上がるのではなくて、じわじわと株価は上がって来ていますが、未だサクラ咲かずみたい。
こんな銘柄がイザ上げると心理的に「やれやれ売り」をし易いので「ガマンして持つ」を今度こそ実行したいと思います。
似たような株価推移の銘柄にPR TIMES(3922)がありまして、このときにはモロ「やれやれ売り」の罠にはまり、機会を損失しました。

カイオム・バイオサイエンス(4583)
時価総額順位はマザーズで中盤ぐらいですが、医療は今後のテーマだろ!と思い、この銘柄はまさに株価噴き上がりを狙い、塩漬け承知で購入しました。
株価はまだまだ冬です。

 - 株式投資について